どういう着物に高値がつくの?

高く売りたい!不要な着物

着物買取における保存状態。シミの評価はどうなるの?

着物買取においては着物それぞれの価値を判断したうえで取引価格が決まります。 その着物買取における取引価格は着物の一つ一つによって異なりますし、また業者ごとにも大きく異なってきます。 そのため、着物買取でより高額での買取をしてほしいという場合には、事前に「着物買取のポイント」を知っておかなくてはなりません。

さて、それでは着物買取で重要なポイントはどこになるのかというと、特に注目をしたい部分となるのが「保存状態」についてです。 着物、特に正絹でできた上質な物に関しては、時に生き物に例えられるほどにデリケートな性質をしています。 ジーンズなどの洋服だと脱いだまま放り出していてもすぐにダメになるわけではありませんが、正絹の着物を脱いでそのまま放り出していたのであれば、すぐにその着物は元の輝きを失ってしまいます。 そして一度状態が悪くなってしまった着物を、元に戻すということは容易なことではありません。 時には一着を仕立て直すために、新しい着物一着を買えるだけの費用がかかることもあります。 ですから保存状態があまりにも悪い着物ということになってしまうと、着物買取においては買取を断られるということもあり得るのです。 保存を失敗してしまった着物に特にありがちなトラブルとなるのが「シミ」です。 これは飲み物や食べ物をこぼしてしまったというような場合や、歩いていて泥が跳ねてしまった場合などにできるものです。 着用した後で手入れをせずに放置してしまったという際には汗がシミになってしまうこともありますが、こうしたトラブルが出来ると着物買取ではどうなるのかというと、まず間違いなく良い評価をもらうことはできなくなります。

もともとが非常に優れた礼装着であるのであれば必ずしも買取を断られるわけではありませんが、それであっても買取価格の低下は避けられません。 もし絵羽付け模様などが施された着物の、模様部分にひどい汚れがある場合には手をつけることができない場合もありますから、特に注意が必要です。 しかしこうしたいずれの場合でも、シミができてしまった直後であれば着物クリーニングに出すことで対応ができることもあります。 中には自宅で洗おうとしたりする人もいるのですが、正絹の着物に下手に手を加えてしまうと、今度はそれが原因となってさらに酷い汚れになってしまうこともあります。 もし着物買取に出すかもしれない着物なのであれば、買取に出すよりも先に手入れを確認するようにしましょう。

Copyright(C)2014 どういう着物に高値がつくの? All Rights Reserved.