どういう着物に高値がつくの?

高く売りたい!不要な着物

着物買取と生地の質の関係

現代であっても冠婚葬祭の際などには着物を着用する人が少なからずおり、成人式などの席になれば振袖で着飾った女性が多くみられるようになります。 しかし、そうした着物は須らく高額な商品です。 いくら欲しいと言ったところである程度のお金が無くては購入することはできませんから、そうした中で着物が欲しいというような場合、必然的に安価に購入できる中古着物への需要が生まれることとなります。 さて、こうした中古着物を市場に供給する役割を担うのが着物買取です。

着物買取で買い取られた中古着物は手入れなどを施したうえで店頭に並べられ、新しい持ち主を探して値札が付けられることとなるのです。 しかし、着物買取ではどのような着物でも買い取ってもらえるわけではありません。 では着物それぞれを着物買取に出せるかどうかを考える際に見ていきたいところはどこかというと、それが「生地の質」という部分です。

着物というと一般的には成人式の振袖のような豪奢な物が想像されますが、実際には着物に使われる生地は必ずしもそうした上質な物とは限りません。 普段着の中には木綿から作られた紬などもありますし、より手軽に使えることを追求したウールの着物などもあります。 また最近では家庭の洗濯機でも洗えるようなウォッシャブル着物として、ポリエステルなどの化学繊維を用いた着物も出てきました。 ですが果たして、そうした着物が店頭に並べられて買い手はつくでしょうか。 そもそもが数千円程度しかしないような安物であれば、わざわざ中古着物を買うよりも新品を購入した方が良いでしょう。 そのため、着物買取において買取の対象となるのは、正絹という生地で作られたものに限られるのがほとんどです。

正絹は化学繊維や木綿などが混ざっていない、純粋に絹だけで織られたものであり、その価値は木綿やウール、化学繊維の価値とは比べ物になりません。 しかし「正絹ならどれも高く買ってもらえる」と思いこむことは禁物です。 正絹の着物といってもその種類はさまざまであり、加賀友禅などをはじめとした伝統工芸の技術を有する職人が手作業で作ったものや、表地は正絹であっても裏地はポリエステルのものなどがあります。 ですから例え正絹が使われていると言っても、そこには高いものから安いものまで様々な物があるのです。 もし裏地にポリエステルが使われているというようなことになると、正絹のみで作られた着物と比較すると、かなり安く買い取られてしまうこととなるでしょう。 着物買取においてはこうしたポイントを事前に把握しておかなくては、予想よりも残念な結果を迎えてしまうこともあります。 事前にある程度の価値を知っておくということはかなり重要なことですから、着物買取を依頼する際には必ずチェックしておくようにしましょう。

Copyright(C)2014 どういう着物に高値がつくの? All Rights Reserved.