どういう着物に高値がつくの?

高く売りたい!不要な着物

丈を仕立て直しする着物買取は大きい着物ほど有利

不要な着物は、タンスなどの収納スペースを占拠してしまいがちです。 洋服をタンスに入れたいけど着物があるから入れられない、こうした経験をしたことがある人も多いでしょう。 収納スペースを占拠している着物は、処分をすればスッキリすることができます。

しかし着物は洋服とは違い、気軽にゴミとして捨てることはできません。 不要とはいえ捨てることはもったいないと思ってしまい、結局捨てられずにタンスの肥やしになるのです。 捨てることができない不要な着物は、着物買取を使って処分しましょう。

洋服を処分する場合、古着屋に買取をしてもらうのと同じように、着物も着物買取をしているお店に買い取ってもらうことができます。 収納スペースがスッキリしてお金ももらえるので、一石二鳥の処分方法です。 どうせ着物買取で着物を処分するなら、高額で買い取ってもらえる条件についても知っておきましょう。

基本的に高額買取できる条件は、古着屋に洋服を買い取ってもらうときと同じです。 シミなどの汚れがないほど高く買い取り可能で、デザインも重要になります。 ただし洋服と異なる点として、奇抜すぎるデザインはあまり高額になりません。 流行の最先端のデザインよりも、流行に捕らわれない古典的なデザインの方が高くなる傾向があります。

また、もう一つ着物買取ならではの点としては、着物のサイズです。 大きな着物は、仕立て直しをしてサイズを調整することができます。 サイズが大きいと着物買取をして再販売をするときに丈などを調整することができるので、買取業者にとっては良い着物なのです。 一般的には160cm前後の女性が着てちょうど良いサイズの着物なら、着物買取の査定では有利になります。 もちろん160cm以上の女性が着ていた着物でも、仕立て直しができるので問題ありません。

150cm前後の女性は、昔の日本人女性としては一般的でした。 しかし150cmぐらいの女性が着ていたいサイズの着物は、それ以上身長がある女性が着ると丈が短くなります。 近年は高身長の女性が増え160cmほどある女性も珍しくなく、今後も再販売をしても売れる相手が限られてしまうので、着物買取の査定ではマイナスになるでしょう。 同じ着るモノの買取でも、洋服と着物買取ではまったく違います。 特にサイズによる査定結果の違いは、丈などを全面的に仕立て直ししてサイズを変更できる着物ならではと言えるかもしれません。

Copyright(C)2014 どういう着物に高値がつくの? All Rights Reserved.