どういう着物に高値がつくの?

高く売りたい!不要な着物

カチューシャなど洋ものコーディネートと着物買取

日本人は日常は活動しやすい洋服で生活しています。しかしお祭りや花火大会などになると、昔の日本文化に倣って浴衣を身につける人が非常に多い傾向にあります。浴衣を着て花火鑑賞したり、盆踊りをすると気分も一層盛り上がり、その場の雰囲気もより一層華やかなものにしてくれます。浴衣はもはや現代ではリラックスウェアではなく、特別なよそ行きの衣装になっています。こうした浴衣を身につけることで、改めて日本の着物文化の素晴らしさを再認識し、他にも様々な着物を身につけてみようと考える若い女性も少なくありません。そこで最近では着物買取業者が経営している転売ショップに、若い女性が多く詰め掛ける姿を見ることが出来るようになっています。

着物買取業者が経営する転売ショップでは、浴衣だけでなく留袖や訪問着なども低価格で販売され、若い人でも気兼ねなく購入できるようになっています。着物買取業者の目利きは確かであり、呉服店や百貨店で数百万円の値段で販売されているような振り袖もそこで安く購入することができます。また着物買取業者は着物と帯だけに限定せず、それに付随するバッグや草履、帯止め、帯締め、ショール、コート、かんざし、和装ウィッグまで販売しています。

着物買取業者の経営する転売ショップでは、着物をトータルにコーディネートし必要な物を全てそこで購入できるようになっています。一般的な市場価格より安いものの、全てのアイテムを全部買い揃えるのは予算オーバーと言う人もいます。こうした場合には、着物と帯など必要最低限のものだけそこで購入し、小物類は今自分が持っている物でコーディネートすると良いでしょう。しかし、家にかんざしがなく髪の毛を上手くコーディネートできないと考える人も少なくありません。しかし着物だからと言って必ずしも和装の小物やかんざしでコーディネートしなければいけないと言うルールがあるわけではありません。

着物を縞柄、ドット柄、洋蘭やすずらん、カサブランカといったモダンで現代的な模様のものを購入すれば、普段洋服で用いている洋もののカチューシャをかんざし代わりにコーディネートしても良いと言えます。カチューシャだけでなく、ティアラやバレッタを用いて髪に華やかさを演出するのも良いでしょう。またモダン柄の着物であれば、洋服で用いている小さめの手提げバッグをコーディネートしても何ら差し支えありません。かえって和洋折衷な雰囲気を醸し出し、非常に洗練された垢抜けたコーディネートに仕上がります。

Copyright(C)2014 どういう着物に高値がつくの? All Rights Reserved.